看護師という職業

看護師という職業は、肉体的にも精神的にもとても厳しい仕事というイメージがあります。
普通の職業とは異なり、目に見えない病を抱えている患者さんと向き合い続けなければいけません。
生命に関わっているため、責任が重い職業と言えます。
しかしその反面、人の役に立ち感謝される仕事、命を守る事ができるなど生きがいを感じる事ができる職業でもあります。

看護師の仕事に就くためには、国家資格が必要となります。
国家資格の中でも専門的知識があれば受かるものもあれば、専門的な教育を受けて卒業証明が無ければ受験できない資格があります。
看護師の場合は後者にあたり、短期大学、専門学校、4年制大学のいずれかで専門的な勉強をして卒業しなくては、国家試験の受験資格が得られません。

看護師は今、人手不足で求人の募集が多い職業です。
就職や再就職が不利な時代にも関わらず条件を選んで就職することができる職業です。
特に女性にとっては正社員で雇用してもらう事ができ、男性同様の収入を得る事ができる職業です。
産前産後の仕事復帰もし易く、一生身に付く資格と言えるでしょう。
その分資格を得る為には、難しい入試や入学後の研修や勉強など覚えなくてはいけないことが沢山あります。
さらに就職後の職場の環境やスキルなどを積み上げていくことで、より自分自身が成長できる職業だと言えます。
看護師は経済面、仕事としてのやりがいの両面から見ても魅力的な職業で、多くの人が復職や転職、引き抜きなどの経験を経ています。